大人の男の遊び

一度は持ちたいデジタル一眼レフカメラ。コンパクトデジタルカメラでは出せない背景のぼかしや、シャープ感が簡単に表現でき、大人の男であればできるだけ持ってほしいアイテムの一つである。
難しいと思われがちだが、カメラ初心者のほうが一眼レフに向いていると筆者は思っている。

  • ボケがボタン一つで簡単に表現できる
  • モードを変えるだけで、一番良い状態で撮影できる
  • 自動で好きなところにピントが合う
  • レンズを変えると、どのようなところでも撮影できる
  • なによりコンデジよりキレイに撮れる

その他にも様々なメリットがある一眼レフカメラ。どの機種がおススメか、最新機種情報などをお伝えいたします。

一眼レフカメラ

一眼レフカメラとはスチルカメラの構造による分類のひとつで、撮影に使用するレンズと撮像面(フィルムもしくは固体撮像素子)の間に鏡を置き、実際に撮影されるイメージを光学ファインダーで確認することができるものをいう。 撮影用の光学系とファインダー用の光学系が一系統であるため(一眼)、ファインダーから見える像が撮影される写真の像と一致する。

ドイツ語のシュピーゲル・レフレックスという言葉通り、反射鏡を使ってファインダースクリーンに結像させる機構が特徴であり、レフの語源もここにある。

フィルムカメラ、デジタルカメラの両方に存在し、20世紀中盤以降から現在に至るまで、レンズ交換可能なカメラの主流となっている方式である。なお、一眼レフと異なる構造を持つカメラとしては、二眼レフカメラやレンジファインダー・カメラやミラーレス一眼カメラなどが挙げられる。

デジタル一眼レフカメラの時代

デジタルカメラの時代になってからは、これまで培ってきた一眼レフカメラ開発のノウハウとイメージセンサーや画像処理技術などデジタル技術の融合が行われデジタル一眼レフカメラが開発された。これにより、老舗カメラメーカーが電子機器大手に買収されたり、独自のイメージセンサー技術を持つメーカーがクローズアップされるなど、戦国時代の様相を呈してきた。

そのなかで、オリンパスとコダックがデジタル一眼レフカメラの統一規格フォーサーズ・システムを策定・公開し、賛同会社の一つパナソニックがオリンパスと共同開発を行なって新たに参入したがその後撤退、オリンパスのみが残った。2005年、ソニーは、コニカミノルタとαマウントを採用したデジタル一眼レフをコニカミノルタと共同開発するとの発表を行なったが、2006年1月にコニカミノルタはデジタル一眼レフカメラ事業から撤退、ソニーがαマウントを引き継ぐ事になった。さらに韓国サムスン電子グループのサムスンテックウィンがペンタックスとデジタル一眼レフカメラを共同開発、部品の共通調達によるコスト削減が目的であったがその後サムスンは一眼レフからは撤退、ペンタックスはHOYAとの合併統合、リコーの子会社化という経緯を辿りながら、Kマウントと中判645マウントのデジタル一眼レフカメラの多マウント展開を継続している。

またカメラのデジタル化によって、これまでに無い新たな機能が一眼レフカメラにも組み込まれる事となる。手ぶれによる映像の乱れを軽減させる手ぶれ補正機能は、一部の交換レンズに組み込まれる方式だけでなく、カメラ本体のイメージセンサーを手ぶれに応じて移動させ取り付けるレンズすべてを対応させる方式などフィルムカメラでは出来なかった技術が登場し、各社で方式は違うがデジタル一眼レフの一機能として定着している。一眼レフカメラは途中に反射鏡を組み込む構造上、コンパクトデジタルカメラのように背面の液晶モニターを使ったフルタイムライブビュー撮影は不可能とされてきたが、2004年にオリンパスから発売されたオリンパス E-330がレンズ交換式デジタル一眼レフカメラとして初めてフルタイムライブビュー機能を実現し、以後各メーカーがフルタイムライブビュー機能や一部の機種にバリアングル液晶を搭載するようになる。さらに2008年9月にはニコンがデジタル一眼レフカメラとして初めて動画撮影に対応したD90を発表。その後各メーカーが対応機種を発売しデジタル一眼レフカメラの一機能として定着している。

2008年以降、一眼レフカメラとは異なり光学ファインダーを廃してライブビューのみで撮影を行うレンズ交換式デジタルカメラの新形式が登場し、その後各社からも様々な規格の機種が発売された。

利点と欠点

利点としては、

  1. 撮影用レンズの交換をするだけでファインダーもそれに対応する。
  2. 視差(パララックス。ファインダーの位置とレンズの位置のずれから生ずる被写体の見え方の違い)がないので、実写像に非常に近い像を見ながら構図を決めることができる(二眼レフやレンジファインダー・カメラでは視差が生じるので正確に構図を決めることに困難が伴う)。
  3. 撮像面と光学的に同一の位置にフォーカシングスクリーンを設置することにより、厳密なピント合わせとボケの推測が可能となる(ただし、これは二眼レフでも可能)。
  4. AF機構としては位相差AFが使用されるため、動体撮影時でも高精度に追従し続ける事が可能。

欠点としては、

  1. 反射鏡やペンタプリズムなどの内部機構の分だけカメラ本体が大きく、かつ重くなること。
  2. 反射鏡が上下作動する空間が必要となり、特に広角レンズなどバックフォーカスが短いレンズに使用制限が発生すること。
  3. 撮影される瞬間(露光中)は、レンズから入ってくる光をファインダーに届ける反射鏡が跳ね上がってしまうので、ファインダーから像が消えてしまうこと。
  4. 撮影時にミラー動作(鏡の跳ね上がり)を伴うため、撮影時に振動と大きな音が発生することがある。

これらの特徴のため、初期の一眼レフカメラは接写用、望遠用として使用されることが多かった。

現在ファインダーに正像を結ばせるためのペンタプリズム(廉価機種ではペンタミラー)が装着されていることが多いが必須ではなく、初期の頃にはプリズムを持たないウエストレベルファインダーが主流で、ニコンFシリーズなどにオプションとして用意されている。

一眼レフカメラの主なメーカー

※アルファベット順

  • アルパ
  • キヤノン - キヤノンのカメラ製品一覧
  • コシナ
  • 富士フイルム
  • ガンマ - デュフレックス
  • ハッセルブラッド - ハッセルブラッドのカメラ製品一覧
  • イハゲー - エキザクタ
  • コニカ - コニカのカメラ製品一覧
  • 興和 - 興和のカメラ製品一覧
  • ライカ
  • マミヤ・デジタル・イメージング
  • マミヤ・オーピー - マミヤ・オーピーのカメラ製品一覧
  • パナソニック - LUMIX
  • ミランダカメラ - ミランダのカメラ製品一覧
  • オリンパス - オリンパスOMシステム、オリンパス・ペンF、オリンパスE-システム
  • 京セラ - コンタックス
  • ミノルタ - ミノルタのカメラ製品一覧
  • ニコン - ニコンの銀塩一眼レフカメラ製品一覧、ニコンのデジタル一眼レフカメラ製品一覧
  • ペンタックス (旧・旭光学工業) - ペンタックスのカメラ製品一覧、ペンタックスのデジタルカメラ製品一覧
  • ペトリカメラ (旧・栗林写真工業) - ペトリカメラのカメラ製品一覧
  • レクタフレックス
  • リコー
  • ローライ
  • シグマ
  • ソニー - α
  • タムロン - ブロニカ(旧ゼンザブロニカ)
  • トプコン
  • フォクトレンダー
  • ヤシカ - ヤシカのカメラ製品一覧、コンタックス
  • ツァイス・イコン - コンタックス、コンタフレックス、コンタレックス

今話題の一眼カメラ情報